御朱印のいろは

御朱印ってどんなもの?

御朱印は神社やお寺に参拝した証としていただく事のできるものです。
もともと御朱印は「納経印」と呼ばれ、お経を書き写し(写経)お寺に納めた証としていただいていました。やがて、ご本尊に参拝しただけで、参拝の証として御朱印がいただけるようになります。これが神社まで広がり、お寺・神社どちらでも御朱印がいただけるようになりました。

御朱印はお寺の僧侶や寺務の方、神職の方が寺社や本尊の名前、参拝日時などを墨書押印しています。 寺社を巡った記念として単なるスタンプとは違う、思い出や想いが詰まった宝物になることでしょう。

御朱印帳ってどんなもの?

御朱印を集める帳面が「御朱印帳」です。
蛇腹式と紐綴じ式があり、白い和紙や奉書紙の帳面に御朱印を頂いていきます。
シンプルなデザインから伝統的な和柄、表紙が木材で出来たものなどバラエティ豊富です。
お好みのデザインの御朱印帳で御朱印集めを楽しみましょう。

蛇腹式紐綴じ式御朱印帳

御朱印帳の素材について

御朱印帳の表紙には頒布(はんぷ)等の布製、和紙、杉やヒノキ等の木製など、製品により様々な素材が使用されています。
基本的にはお好みの素材の御朱印帳で問題ありません。色々な御朱印帳を見比べてお好みの素材を探すのも楽しみのひとつです。

布製、紙製(和紙など)

木製(杉・ヒノキ製など)、デニム製

>>実際に御朱印をもらってみよう!御朱印のマナーに続く