正しいマナーを知り、実際に御朱印巡りを楽しでみましょう

御朱印のマナー

神社やお寺の参拝ルール

神社参拝のルール

鳥居をくぐる
鳥居の前で軽く一礼。参道を通るとき真ん中は神様の通り道「正中」とされているので、避けて通りましょう。
手水舎で手と口を清める
1.まず右手でひしゃくを持ち、左手→右手の順番で水をかけ洗い清めます。
2.その後左手で水を受け口を洗い清めます。
3.最後にひしゃくを立て、残った水で持ち柄を洗い清めます。
拝殿で参拝する二礼二拍手一拝
1.まずお賽銭を入れて鈴を鳴らします。
2.深く二度拝礼(おじぎ)します。90度くらいにする意識で。
3.胸くらいの高さで二度拍手。最後に手を合わせてお祈りします。
4.再び深く一拝。一歩うしろに下がって軽く一礼します。
※この一連の流れを二礼二拍手一拝と呼びます。
※帽子はとりましょう。
御朱印の受付窓口へ
ご挨拶をしてから、書いていただきたいページを開いて御朱印帳を渡しましょう。書き終わるまでは話しかけないようにし、携帯電話での通話や着信音が鳴り響くといった、担当者の気が散るような事は避けましょう。
御朱印帳を受取ります
書いていただいたら御礼を言って御朱印代を渡します。御朱印代は小銭を用意しておくとご迷惑にならないでしょう。
鳥居を出る
鳥居を出るときは社殿に向かって軽く一礼します。

お寺参拝のルール

山門をくぐる
山門の前で帽子を脱いで軽く合掌一礼。寺院の参道を通るときは左側通行が原則です。
手水舎で手と口を清める
1.まず右手でひしゃくを持ち、左手→右手の順番で水をかけ洗い清めます。
2.その後左手で水を受け口を洗い清めます。
3.最後にひしゃくを立て、残った水で持ち柄を洗い清めます。
本堂に参拝する
1.まずお賽銭を納めます。
2.静かに合掌し、お祈りします。仏前ではできるかぎり音を立てないようにしましょう。
※帽子をとりましょう
御朱印の受付窓口へ
ご挨拶をしてから、書いていただきたいページを開いて御朱印帳を渡しましょう。書き終わるまでは話しかけないようにし、携帯電話での通話や着信音が鳴り響くといった、担当者の気が散るような事は避けましょう。
御朱印帳を受取ります
書いていただいたら御礼を言って御朱印代を渡します。御朱印代は小銭を用意しておくとご迷惑にならないでしょう。
山門を出る
山門を出るときは本殿に向かって軽く拝礼します。

おすすめ商品御朱印帳

干支の御朱印帳

季節の御朱印帳

2冊入タイプ 御朱印帳バッグ

くみひもの留め具